​カプラーオンでパワーアップ。世の中には、そんな都合のいいハナシがある

​写真/吉見 幸夫 文/村田 尚之

経済性はもちろん、ドライビングフィールでも注目を集める新世代のクリーンディーゼル車や最新のダウンサイジングターボ車。EVやハイブリッド車が嫌いなわけではないけれど、クルマ好きなら、やっぱりエンジンとの対話を楽しみたいという方も多いことでしょう。

 

一方で、実際にドライブしてみると、環境性能を求めた特性ゆえに「もうちょっとパワーやトルクがあれば」「やっぱり燃費が気になる」という方も少なくありません。

 

TDI Tuningのチューニングボックスは、そんなユーザーの「もうちょっと」という願いを手軽にかなえてくれるサブコンピューターです。

 

愛車に特別な加工を施すことなく装着。それでいて約40%のパワーアップ&トルク増加、約20%の燃費向上も実現、愛車との対話をより楽しくしてくれるアイテムなのです。

TDI Tuningのチューニングボックスは、いわばコンピューターチューニングのひとつ。

 

メインのコンピューターに手を加えることなく、「燃料供給」や「ブースト」を調整・最適化する"サブ"のコンピューターとしての役割りを担っています。

 

製品はコモンレール式ディーゼルエンジン搭載車、ターボ付きのガソリン車が対象。

 

たとえば、トヨタハイエースのディーゼルターボ車では、ノーマルの最高出力が143psであるのに対して、TDI Tuningでは最大189psへと、じつに46psもアップしています。

​− TDI Tuningは、なぜ装着だけでパワーアップできるのか −

そんな魔法のようなことがあるのでしょうか?

 

じつは自動車メーカーはエンジンなどのメカニズムに対して、十分以上の安全マージンをとっています。

 

なぜなら、グローバルな製品である自動車は、低品質な燃料しか手に入らないような環境のもとでも問題なく動作するように、エンジン性能にかなりのゆとりを設けているのです。

 

TDI Tuningはそのマージンを少しだけ開放することで、パワーやトルク、燃費を向上させるプログラミングが施されたサブコンなのです。

チューニングというと、気になるのが、それを装着することによって生じるエンジンへの負担です。

 

TDI社では製品を発売する全てのエンジンにおいて、実車実験を行っており、安全性や耐久性を損なうことのないように、メーカーが設定した安全の範囲内でプログラミングを行っています。

 

もちろん、自動車メーカーが設定した安全基準を超えるようセッティング、車両のECUに保持された設定を書き換えることもありませんし、カプラーによる接続だけなので、取り外すことで完全にオリジナルな状態へと戻すことも可能です。

 

その効果は、7段階に調整できるようになっており、1から7のどれをセレクトしてもパワーダウンすることはなく燃費を向上させます。これはトルクとパワーに余裕ができることで、エンジンへの負荷が軽くなり、その結果が燃費にも反映されるということなのです。その中で、1から3は燃費重視、4はバランス型、5から7はパワー・トルク重視型というセッティングになっています。

​− TDI Tuningは、安全性と耐久性を最重視 −

​− TDI Tuningは、なぜ装着だけでパワーアップできるのか −

​− TDI Tuningは、安全性と耐久性を最重視 −

現在、TDI Tuningのチューニングボックスは、約6000車種に対応しています。

 

メカニズムとしては、おもに燃料系をコントロールする「シングルチャンネル」と、燃料およびブーストをコントロールする「ツインチャンネル」を用意。ツインチャンネルではターボラグの軽減や全域でのパワーアップをより明確に感じることができます。

 

また、車種によりCRTD2とCRTD4の2モデルがラインナップされていますが、これは設定変更を行う場合、ケース内のジャンパーピンと呼ばれる小さなピンを差し換えて行うタイプ(CRTD2)と、製品の防水性能がさらに向上したほか、本体外部にあるボタン操作で設定変更を可能としたグレードアップ版(CRTD4)といった違いです。

 

愛車の燃費を悪化させることなく、もう少しのパワーが欲しい。機関に負担を掛けることなく、秘めたポテンシャルを引き出してみたい。そんなユーザーに、TDI Tuningは最適な選択となるでしょう。

​− 輸入車に適合した豊富なラインナップ −

CarMeセレクションSponsored by m-flow

イギリスのTDI-Tuning社は、エンジンプログラムを最適化して、パフォーマンスと燃費を安全に最大化するスペシャリストとして、ヨーロッパを始めとして世界で注目されているメーカーです。

 

そのTDI-Tuningテクニカルセンターが大阪府和泉市にOPENしました。

 

こちらでは、ユーザーが乗ってきたクルマに仮装着を行い、その効果を体感してもらうというサービスも用意されています。

 

まずは効果を体感してみたいという方は、TDI-Tuning JAPANテクニカルセンターに相談してみてください。

※ご来店頂きましたらお客様のお車へ仮装着し、無料試乗・体感可能です。

完全予約制ですので、下記連絡先までお問い合わせの上ご訪問下さい。

 

TDI Tuning JAPAN テクニカルセンター

〒594-1115

大阪府和泉市平井町212-4

TEL : 0725-24-3127 / 090-7115-2338

E-mail:info@m-flow-tdi.com

※一部取付けが複雑な車種の試乗はお断りさせて頂く場合が御座います。

※ご購入の場合は全車種取付費用は無料です。