多様な価値を認め、さまざまな文化を吸収して発展してきた日本。それは「協調と調和」と言い換えても良いかもしれません。そんな日本のホイールメーカー”WORK”が生み出す欧州車用ホイールは、同社の類まれなエンジニアリングとハイテクノロジーをベースに設計。

最高のハーモニーと性能を欧州車にもたらします。

欧州プレミアムカーをメインターゲットとするGNOSIS(グノーシス)シリーズの最新モデル。

ツインファイブスポークとピアスボルトが優美さと力強さを、ラウンドしたディスク形状と細身のスポークが、疾走感とスポーツ性を加速させる。

シリーズすべてに共通するシンプルで飽きのこないデザインに、現代的エッセンスをプラスしたGRシリーズの最軽量モデルだ。

鍛造モノブロックの10スポークホイール。彫りの深いデザインは、10スポークにもツインファイブスポークにも見える複雑な造形。

スポーティかつエレガントに欧州車の足元を飾るだろう。

モノブロック成形によるトップクラスの性能と、1ピースでありながらインセットを選べるのも「FMB01」の魅力である。

鍛造モノブロックの10スポークホイール。彫りの深いデザインは、
10スポークにもツインファイブスポークにも見える複雑な造形。

スポーティかつエレガントに欧州車の足元を飾るだろう。

モノブロック成形によるトップクラスの性能と、
1ピースでありながらインセットを選べるのも「FMB01」の魅力である。

鍛造モノブロックの10スポークホイール。彫りの深いデザインは、
10スポークにもツインファイブスポークにも見える複雑な造形。

スポーティかつエレガントに欧州車の足元を飾るだろう。

モノブロック成形によるトップクラスの性能と、
1ピースでありながらインセットを選べるのも「FMB01」の魅力である。

繊細でシャープさが際立つ10スポークが、コンケイブ形状の採用により、立体的な印象へとスイッチ。プレミアム系欧州車にベストマッチなデザインとなっている。3色のディスクカラーが選べる。

アシンメトリックなオープンメッシュデザインを基本に、流行のディープコンケイブ形状を採用したモデル。ソリッド感を際立たせたデザインは、愛車の足元にエレガントな疾走感を与える。ディスクカラーは3色。

オーソドックスなデザインながら、センターに向かって深く落ち込むディープコンケイブを採用することで、力強さのなかに洗練されたイメージをプラスする。4色のディスクカラーが選べる。

鍛造ならではのソリッド感とFCVシリーズの特徴でもあるディープコンケイブをあわせ持つツインファイブスポークは、プレミアムセダンからスポーツモデルまでマッチする。ディスクカラーは5色。

鍛造・ツーピース構造を基本とするFCVシリーズは、軽量かつエレガントなデザインが特徴。いずれも4パターンの特殊アルマイト加工が施された「リムアレンジメント」と、16色の「セミオーダーカラー」からチョイスすることも可能。

繊細でシャープさが際立つ10スポークが、コンケイブ形状の採用により、立体的な印象へとスイッチ。プレミアム系欧州車にベストマッチなデザインとなっている。3色のディスクカラーが選べる。

ユーロスタイリングの王道といえる15フィンスポーク。欧州プレミアムセダンはもちろん、流行のSUV系にもマッチする秀逸なデザインが魅力。ディスクカラーは、5色から選択することが可能。

ツイン7スポークデザインと、リムに配されたピアスボルトが、見る者にエレガンスを感じさせる。GR201とともにSUVサイズにも適合する22インチサイズが用意されている。ディスクカラーは5色。

ホイールデザインの王道ともいえる5スポークは、装着する車種、用途を選ばないことがポイント。センター部分を鋭角に落ち込ませることで、ホイールに表情を与える。ディスクカラーは5色。

美意識に訴えかけるエレガントな印象の10メッシュデザインは、立ち姿も美しい。足元から個性を主張したいというオーナーにお薦めのモデル。5色のディスクカラーが用意されている。

グノーシスの要となるGRシリーズは、ツーピース構造。ピアスボルトを配することで、愛車のあしもとにエレガントな印象を与える。いずれも4パターンの特殊アルマイト加工が施された「リムアレンジメント」と、16色の「セミオーダーカラー」からチョイスすることも可能。

Click!! ▶︎

CarMeセレクション

Sponsored by WORK